医者達と女の子

歯科医院で歯を白く

口元を隠す女性

1989年に、アメリカで誕生したホワイトニングという治療法は、日本でもかなりの数普及してきました。そのホワイトニング治療には大きく分けて2種に分類され同じホワイトニングでも効力gが違います。

オフィスの魅力

歯磨き粉

オフィスホワイトニングは、専用の薬品や医療用レーザーなどを使うので一度の施術でその日から歯の白さを実感できることが出来ます。しかし、長くて半年しか持たず費用もそれなりに掛かります。

いいところをあつめて

女性の口

歯を白くする方法として、ホームホワイトニングがあります。時間はかかりますがゆっくりと白くするため長い間持つことが魅力的です。またデュアルホワイトニングを使えばオフィス、ホームの長所を伸ばし短所を補うことが可能です。

歯を白くする種類

歯ブラシ

私たちが、一生付き合っていく歯は身体にも必要なパーツではあるのですが人の印象としても歯の見た目や美しさはポイントのなるものが歯になります。歯が汚れていたり黄ばんだりしていたらその人の印象も大きく変わってきます。笑った時の歯が綺麗であれば、好印象に映ったりします。また、歯が汚れていれば臭いとかも出るため歯を綺麗に白く保つことは様々な魅力が存在すると言えます。出来る限り、自分の歯は常に美しく白く保っていたいものです。白く保つ方法や白くする方法は、どのようなものがあるのでしょうか。白く保つ方法は様々な方法が存在します。自宅で行える簡単な歯のケアから、クリニックで行なう専門的なものまであります。自分に合ったものを上手く探して歯を美しく白い歯を保ちましょう。

コスト費用や白さを保つために時間や施術の継続といったものはかかりますが、クリニックで行なうホワイトニングという施術法でオフィスホワイトニングや自宅で行えるホームホワイトニングというものがクリニックでは行っています。即効性や効果を高く実感できるのがクリニックで行われるホワイトニング治療です。エステサロンでも、クリニックと同等な効果を期待できます。クリニックよりも、非常にお手軽に行なうことが出来ますが、時間など手間が少々かかってしまいます。そして、自宅でお手軽に歯を白くする方法として今注目されているのが、ホワイトニング液を使うことで歯を白くする方法です。使用方法も、非常に簡単になっており毎日の歯磨きをするような感じで使うだけです。また、病院やエステなどに行くよりもコストパフォーマンスが非常に優れています。料金も高くはなく、白さをキープするために継続が必要ですが料金も安価で毎日の歯磨きのように使用できるため無理すること無く白さを長続きさせることが出来ます。自分のペースを崩さない方法を探して、歯を美しく白くしていきましょう。